チャイコフスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

「嘆き」「慟哭」と言った印象の悲嘆に暮れた旋律が徐々に高まり、やがて激しく高揚していきます。

まずは第4楽章をダイジェストで聴いてみましょう!

マンフレート・ホーネック指揮:ピ ...

サン=サーンス

まずはダイジェストで聴いてみよう!

ホールに響き渡る壮麗なパイプオルガンの響き、4手のピアノが奏でる水面のきらめきのような繊細な響きに乗って弦楽器が美しい調べを紡ぎます。

まずはフィナーレの部分をダイジェストで聴いてみましょ ...

ドヴォルザーク

まずはダイジェストで聴いてみよう!

イングリッシュホルンが奏でる郷愁を誘う調べは、クラシックファンならずとも誰もが一度は耳にしたことがあるはずです。

この有名な旋律は日本でも歌詞が付けられ「家路」などのタイトルで、子供のころ ...

ベルリオーズ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

静寂の中、響き渡る鐘の音、やがてファゴットとチューバが重々しく奏でるのはグレゴリオ聖歌にある「怒りの日」の旋律です。

まずは終楽章「サバトの夜の夢」をダイジェストで聴いてみましょう。

マーラー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

シンバルが衝撃的な開幕を告げると金管楽器が悲痛な叫び声をあげるかのように咆哮します。

「嵐のような動きで」と作曲者が指示した通り弦楽器が激しい楽句をかき鳴らすと再び金管楽器が咆哮します。

ブラームス

まずはダイジェストで聴いてみよう!

弦楽器が豊かに奏でる旋律はベートーヴェンの有名な「歓喜の歌」を彷彿とさせます。

その旋律は徐々に高揚し、クライマックスへと導いていきます。

まずは第4楽章をダイジェストで聴いて ...

ベートーヴェン

まずはダイジェストで聴いてみよう!

「歓喜の歌」として親しまれる第4楽章の主題は、荘厳かつ壮大で宗教的な雰囲気さえ漂います。

まずは第4楽章をダイジェストで聴いてみましょう!

サイモン・ラトル指揮:ベルリン・フィ ...

リヒャルト・シュトラウス

まずはダイジェストで聴いてみよう!

ホルンの奏でる旋律はアルプスのパノラマを見ているかのように壮麗です。

アルプスの稜線を登るかのように弦楽器の旋律が上昇していくと、ついには頂上に達し、そこからは神々しいまでの太陽が姿を現す ...

ベートーヴェン

まずはダイジェストで聴いてみよう!

クラシック音楽など全く縁のない方も、一度は耳にしたことのある「ジャジャジャジャーン♪」と言う有名な旋律。

まずは劇的な冒頭部分をダイジェストで聴いてみましょう。

ヘルベルト・フ ...

モーツァルト

まずはダイジェストで聴いてみよう!

力強く華やかな冒頭の主題は柔らかな旋律を挿み、再び現れるとさらに華やかに展開していきます。

まずは第1楽章、冒頭部分をダイジェストで聴いてみましょう。

クラウディオ・アバド指揮 ...

ショスタコーヴィチ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

激しく咆哮する金管楽器、弦楽器がかき鳴らす旋律の間を木管楽器が吹きすさぶ嵐のように駆け巡ります。

まずは第4楽章をダイジェストで聴いてみましょう。

テオドール・クルレンツィス指 ...

ハイドン

作曲の背景

交響曲第104番ニ長調 Hob. I:104はオーストリアの作曲家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(1732-1809)が1795年に作曲した交響曲です。

「交響曲の父」と呼ばれ生涯に番号付きで知られる104曲の交 ...

ブラームス

まずはダイジェストで聴いてみよう!

弦楽器が奏でるどこか切なく悲し気な旋律、木管楽器がその旋律を美しく彩るように絡み合っていきます。

まずは第1楽章をダイジェストで聴いてみましょう。

サイモン・ラトル指揮 ベルリ ...

チャイコフスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

弦楽器が奏でる美しく甘美な旋律はチャイコフスキーならではの魅力とドラマティックな雰囲気に包まれています。

まずは第2楽章をダイジェストで聴いてみましょう。

クラウディオ・アバド ...

シューマン

まずはダイジェストで聴いてみよう!

弦楽器が奏でる厳かな旋律に低弦がドラマティックな楽句を何度も挿入します。

金管楽器が奏でる荘厳な讃美歌はやがて静けさと共に消え去っていきます。

まずは第4楽章の最後の部分をダイ ...

モーツァルト

まずはダイジェストで聴いてみよう!

複数の旋律が緻密に絡み合い加速度的に熱気を帯びていきます。

生気にあふれ疾走するかのような第4楽章のクライマックスをダイジェストで聴いてみましょう。

サイモン・ラトル指揮 ベル ...