ストラヴィンスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

弦楽器が紡ぐ美しい調べが徐々に高揚すると、やがて金管楽器がドラマティックにクライマックスへと導いていきます。

まずは終曲をダイジェストで聴いてみましょう。

ワレリー・ゲルギエフ ...

クラシックをもっと楽しむためのお役立ち情報

Amazonが提供する人気の定額制音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」が2021年5月24日までの期間限定で、通常30日の無料体験期間を3か月に延長するキャンペーンを実施中です。

仮に今、無料体 ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

バッハの作品には宗教的な意味合いを含んだ作品ではないにも関わらず、思わず祈りを捧げたくなるような不思議な魅力があります。

この作品もまさしくそんな作品のひとつです。まずはダイジェストで聴い ...

ドヴォルザーク

まずはダイジェストで聴いてみよう!

イングリッシュホルンが奏でる郷愁を誘う調べは、クラシックファンならずとも誰もが一度は耳にしたことがあるはずです。

この有名な旋律は日本でも歌詞が付けられ「家路」などのタイトルで、子供のころ ...

ララ

ララ「グラナダ」解説

「グラナダ」はメキシコの作曲家、アグスティン・ララ(1897-1970)が1932年、35歳の時に作曲した歌曲です。

ジャンルとしてはクラシックとは言えないかも知れませんが、テノールやソプラノのレパート ...

楽器を習う・学ぶ

・大人になってはじめて楽器を習う方
・学生時代にやっていた楽器をもう一度習ってみたい方
・さらなる上達を目指して楽器を習いたい方

音楽教室に通う理由は人によって様々だと思います。

大人になって楽 ...

ヤナーチェク

まずはダイジェストで聴いてみよう!

舞台の後ろにずらりと並ぶトランペットが流麗なファンファーレを鳴り響かせます。

オーケストラはそのファンファーレを華やかに飾るようにトリルで装飾された音符を堂々と奏でます。

まず ...

リスト

リスト「愛の夢」第3番の解説

「愛の夢(Liebesträume)」第3番 変イ長調 S.541-3はハンガリー出身のピアニストで作曲家のフランツ・リスト(1811-1886)が作曲した独奏ピアノのための作品です。

元々は歌 ...

楽器を習う・学ぶ

大人になって楽器を始めようとするなら、専門の音楽教育を受けた先生に学ぶことが大切であることは前回の記事でお話しました。

まだ、お読みになっていない方はこちらの記事もぜひお読みいただければと思います。

あわせて読みたい ...

ショスタコーヴィチ

ショスタコーヴィチ「祝典序曲」解説

「祝典序曲」 イ長調 作品96は旧ソビエトの作曲家、ドミートリイ・ショスタコーヴィチ(1906-1975)が作曲した管弦楽曲です。

この作品は1954年にモスクワのボリショイ劇場で行われた ...

楽器を習う・学ぶ

年齢を重ねると共に仕事や生活にゆとりが出来て、若い頃に憧れていたあの楽器を習ってみたい!

そう思われる方も多いようです。

でも、いざとなると

・楽器を習いたいけど、こんな年齢からでも大丈夫? ...

ベルリオーズ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

静寂の中、響き渡る鐘の音、やがてファゴットとチューバが重々しく奏でるのはグレゴリオ聖歌にある「怒りの日」の旋律です。

まずは終楽章「サバトの夜の夢」をダイジェストで聴いてみましょう。

バッハ

バッハ「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」解説

「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」(独:Ich ruf zu dir, Herr Jesu Christ)BWV639はドイツの作曲家、ヨハン・セバスティアン・バッハ(168 ...

マーラー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

シンバルが衝撃的な開幕を告げると金管楽器が悲痛な叫び声をあげるかのように咆哮します。

「嵐のような動きで」と作曲者が指示した通り弦楽器が激しい楽句をかき鳴らすと再び金管楽器が咆哮します。

ドビュッシー

作曲の背景

2つのアラベスク(Deux Arabesques)はフランスの作曲家、クロード・ドビュッシー(1862-1918)が1888年、26歳の時に作曲したピアノのための作品です。

1884年、フランスの作曲家の登竜門と ...

ショパン

作曲の背景

「幻想即興曲(Fantaisie-Impromptu)」のタイトルで有名な即興曲第4番 嬰ハ短調 作品66はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が作曲したピアノのための作品です。

ショ ...