フォーレ「夢のあとに」【歌詞と解説】

2020年9月16日

フォーレ「夢のあとに」解説

「夢のあとに」はフランスの作曲家、ガブリエル・フォーレ(1845-1924)が1878年に作曲した歌曲「3つの歌作品7の第1曲です。

歌詞はイタリアのトスカーナ地方に古くから伝わる詩を、フランスの詩人でパリ音楽院の同僚でもあったロマン・ビュシーヌ(1830-1899)がフランス語に翻訳したものです。

この前年の1877年、当時32歳のフォーレは婚約者のマリアンヌ・ヴィアルドから婚約を破棄され精神的に大きな打撃を受けます。

詩の内容がフォーレの悲痛な心情を表しているようにも聴こえます。

歌詞は夢で出会った美しい女性と過ごす幻想的な時間が描かれていて、やがて夢から覚めてあの美しい女性の幻影を返してくれと哀しく叫ぶひとりの男性の姿を描いています。

歌詞の内容にぴったりな甘美で幻想的な雰囲気の作品です。短い曲ですのでぜひ聴いてみてください。

フォーレ「夢のあとに」歌詞

ここではフランス語の歌詞と和訳をご紹介したいと思います。

Dans un sommeil que chamait ton image
Je rêvais le bonheur, ardent mirage,
Tes yeux étaient plus doux, ta voix pure et sonore,
Tu rayonnais comme un ciel éclairé par l’aurore

夢の中にあなたの美しい姿があった
私の幸せな夢、燃え上がる幻影
あなたの瞳はとても優しく、声は澄んで響いた
あなたは輝いていた 暁に照らされた空のように

Tu m’appelais et je quittais la terre
Pour m’enfuir avec toi vers la lumiére,
Les cieux pour nous entr’ouvraient leurs nues,
Splendeurs inconnues, lueurs divines entrevues

あなたは私を呼び 私はこの地上を離れた
二人して光の彼方に逃れるために
空は私たちのために雲の扉を開き
見たこともない輝き 神々しい閃光が微かに見えた

Hélas! Hélas! triste réveil des songes
Je t’appelle,ô nuit,rends-moi tes mensonges,
Reviens,reviens radieuse,
Reviens,ô nuit mystérieuse!

あぁ!あぁ! なんという悲しい目覚め
私は叫ぶ おぉ夜よ 私に返しておくれ、あの人の幻影を
戻れ、戻っておくれ 輝きよ
戻っておくれ おぉ 神秘の夜よ!

お役に立ちましたらクリックをお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


音楽(クラシック)ランキング

フォーレ「夢のあとに」歌曲版動画

フォーレ「夢のあとに」

ソプラノ:Pumeza Matshikiza
ピアノ:Simon Lepper  

テノール:アンドレア・ボチェッリ
ピアノ:ユージン・コーン

アンドレア・ボチェッリさんは1958年生まれ、イタリア出身のテノール歌手です。

盲目のハンディを乗り越えて、三大テノールの一人として一世を風靡したルチアーノ・パヴァロッティに見い出された世界的に活躍する歌手です。

トリノ・オリンピック開会式、ダイアナ妃追悼コンサートなど様々なイベントでもその歌声を披露し、2019年には自伝的小説をもとにした映画「アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール」も公開されました。

アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール 予告編

フォーレ「夢のあとに」編曲版動画

この作品はヴァイオリンやピアノをはじめ様々な独奏楽器のために編曲されています。

特に20世紀を代表するチェロの巨匠、パブロ・カザルス(1876-1973)によるチェロ版は大変有名です。

いくつかの編曲版の動画をご紹介しますので、オリジナルの歌曲と聴き比べてお楽しみください。

フォーレ「夢のあとに」(ヴァイオリン版)

ヴァイオリン:ルザンダパンフィリ
ピアノ:ドンカ・アンガチェヴァ

ヴァイオリン:ジャニーヌ・ヤンセン
ピアノ:イタマール・ゴラン

ジャニーヌ・ヤンセンさんは1978年生まれ、オランダ出身のヴァイオリニストです。

世界の主要オーケストラと定期的に共演を重ね、日本にもソリストとして度々来日しているヤンセンさんは現在世界でも指折りの人気と実力を兼ね備えたヴァイオリニストです。

フォーレ「夢のあとに」(チェロ版)

チェロ:ゴーティエ・カプソン

いかがでしたか?こちらの作品もぜひ聴いてみてください!

お役に立ちましたらクリックをお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


音楽(クラシック)ランキング