リヒャルト・シュトラウス

作曲の背景

祝典前奏曲 ハ長調 作品61(独:Festliches Präludium)はドイツの作曲家、リヒャルト・シュトラウス(1864-1949)が1913年に書き上げた管弦楽曲です。

19世紀末、数々の交響詩を作曲し ...

ラヴェル

作曲の背景

「道化師の朝の歌」(Alborada del gracioso)はフランスの作曲家、モーリス・ラヴェル(1875-1937)が1905年に作曲した5曲から成るピアノのための組曲「鏡」の第4曲です。

この1905年 ...

ヘンデル

ヘンデル「シバの女王の到着」解説

「シバの女王の到着(入城)」はイギリスで活躍した作曲家、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1685-1759)が1748年に作曲したオラトリオ「ソロモン」HWV67の第3幕で演奏されるシンフォニアです。 ...

ラヴェル

まずはダイジェストで聴いてみよう!

徐々に大きくなるワルツのリズムの乗ってオーケストラが豪華絢爛な音絵巻を描きます。

まずはクライマックスの部分をダイジェストで聴いてみましょう。

サイモン・ラトル指揮 ベルリン・ ...

グリーグ

『ペール・ギュント』より「朝」

フルートが奏でる美しく清々しい朝の描写はやがてオーボエからオーケストラへと受け継がれていきます。

ますは有名な『ペール・ギュント第1組曲』の第1曲「朝」をダイジェストで聴いてみましょう。

フォーレ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

弦楽器のピチカートにのってフルートが美しくも憂いを帯びた旋律を静かに奏でます。

まずは冒頭の部分をダイジェストで聴いてみましょう。

サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモ ...

ドヴォルザーク

作曲の背景

スラヴ舞曲集はチェコの作曲家、アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904)が作曲した舞曲集です。

元はピアノ連弾のために書かれた曲ですが、ドヴォルザーク自身によって全曲、管弦楽曲に編曲されています。

バーンスタイン

まずはダイジェストで聴いてみよう!

激しいラテンのリズムに乗って大きく身体を揺らしながら演奏するオーケストラ。観客席から降り注がれるフラワーシャワーの中、果ては立ち上がり、トランペットを回しながら演奏します。

客席は総立ちで ...

ラヴェル

まずはダイジェストで聴いてみよう!

オーケストラが色彩豊かに描写するのは祭りの喧騒、カスタネットの刻むリズムに乗って明るく陽気な音楽が展開されます。

金管楽器が華やかに響き渡ると熱狂的な祭りは終わりを告げます。

...

リスト

まずはダイジェストで聴いてみよう!

軽やかに鍵盤の上を弾む指先からは実に軽快で楽しい音楽が聴こえてきます。

そして、やがて聴こえてくる旋律にはどこか聞き覚えが???

ん・・・?・・・運動会???

まず ...

ブラームス

ブラームス「ハンガリー舞曲」解説

ハンガリー舞曲集はドイツの作曲家、ヨハネス・ブラームスが作曲した21曲からなる舞曲集です。

オーケストラによる演奏がよく知られていますが、元々はピアノ連弾のための作品です。

18 ...

ブリテン

まずはダイジェストで聴いてみよう!

ピッコロとフルートが軽やかに五線譜の上を駆け回るとその旋律はオーボエ、クラリネットからその他の木管楽器、さらには弦楽器、金管楽器、打楽器とリレーをするように引き継がれ、最後はオーケストラ全体で勇壮なフ ...

リムスキー=コルサコフ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

荒れ狂う海、波にのまれる船、ドラマティックに演奏されるのはシャリアール王のテーマです。

まずは第4曲「バグダッドの祭り。海。船は青銅の騎士のある岩で難破。終曲」をダイジェストで聴いてみまし ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

心を深く落ち着かせるようなバスの進行の上を清らかで美しい弦の調べが流れていきます。

その清浄さはこの世のものと思えず、目を閉じて祈りを捧げたくなるような気持ちになります。

まず ...

サン=サーンス

まずはダイジェストで聴いてみよう!

華やかな序奏に続く可愛いピッコロの旋律。それに続きピアノが華麗に鍵盤の上を駆け巡ります。

ピッコロの奏でた旋律を弦楽器とピアノが奏すると華やかにクライマックスを迎えます。

ピア ...

オルフ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

運命的なティンパニの一撃に続き合唱を伴ったオーケストラがドラマティックな開幕を告げます。

曲名はご存じない方もテレビ番組などの様々なシーンでも使われるので、聴いたことのある方も多いのではな ...