ラヴェル

ラヴェル「ヴォカリーズ」解説「ヴォカリーズ」とは?

「ヴォカリーズ―ハバネラ形式のエチュード」(仏:Vocalise-étude en forme de habanera)はフランスの作曲家、モーリス・ラヴェル(1875-1937)が1 ...

ララ

ララ「グラナダ」解説

「グラナダ」はメキシコの作曲家、アグスティン・ララ(1897-1970)が1932年、35歳の時に作曲した歌曲です。

ジャンルとしてはクラシックとは言えませんが、テノールやソプラノのレパートリーとしてよ ...

ウィリアム・ゴメス

ウィリアム・ゴメス「アヴェ・マリア」解説

「ウィリアム・ゴメスのアヴェ・マリア」として知られるこの作品は、ジブラルタルのギタリストで作曲家のウィリアム・ゴメス(William Gomez,1939-2000)が作曲した歌曲です。 ...

マスカーニ

マスカーニ「アヴェ・マリア」解説

「マスカーニのアヴェ・マリア」はイタリアの作曲家、ピエトロ・マスカーニ(1863-1945)が1889年に書き上げた大ヒットオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」の有名な間奏曲に歌詞を付けた歌曲です。

ピアソラ

ピアソラ「アヴェ・マリア」解説

「アヴェ・マリア」はアルゼンチンの作曲家でバンドネオン奏者のアストル・ピアソラ(1921-1992)が作曲した歌曲です。

1984年、63歳のピアソラはイタリアの劇作家でノーベル文学賞受賞者で ...

カッチーニ

カッチーニ「アヴェ・マリア」解説

今回ご紹介するのは「シューベルトのアヴェ・マリア」、「グノーのアヴェ・マリア」と共に三大アヴェ・マリアとも言われる「カッチーニのアヴェ・マリア」です。

ジュリオ・カッチーニ(1545?-16 ...

グノー

グノー「アヴェ・マリア」解説

アヴェ・マリア(グノー/バッハ)はフランスの作曲家、シャルル・グノー(1818-1893)が1859年に発表した声楽曲です。

この作品はヨハン・ゼバスティアン・バッハ作曲の『平均律クラヴィーア曲 ...

シューベルト

まずはダイジェストで聴いてみよう!

深い悲しみに包まれた祈るような静かな旋律は、歌曲「死と乙女」の中で「私の腕の中で、安らかにお眠りなさい」と乙女に語り掛ける死神の旋律でもあります。

まずは第2楽章冒頭部分をダイジェストで聴 ...

ヴェルディ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

強く打ち付けられるように強奏される4つの和音、絶叫するように繰り返される「Dies iræ(怒りの日)」の言葉。

曲名は知らずとも誰もが1度は聴いたことのあるであろう有名な「ディエス・イレ ...

モーツァルト

まずはダイジェストで聴いてみよう!

スラーで結ばれた2つの8分音符がはらはらと舞い落ちるような前奏は頬を流れ落ちる涙なのでしょうか。

それに続く悲哀に満ちた旋律は魂が天に昇るがごとくゆっくりゆっくりと昇りつめていきます。

ヘンデル

ヘンデル「私を泣かせてください」解説

「私を泣かせてください」(伊:Lascia ch’io pianga)はイギリスで活躍した作曲家、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1685-1759)が1711年に作曲したオペラ『リナ ...

サティ

サティ「ジュ・トゥ・ヴー」解説

「ジュ・トゥ・ヴー」(仏:Je te veux)はフランスの作曲家、エリック・サティ(1866-1925)が作曲したシャンソンです。

サティはパリ音楽院を中途退学した後、パリのモンマルトルにあ ...

ドヴォルザーク

作曲の背景

「スターバト・マーテル作品58」はチェコの作曲家、アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904)が1877年に書き上げたソプラノ、アルト、テノール、バス、混声合唱と管弦楽のための作品です。

1873年、初恋の相 ...

フォーレ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

弦楽器のピチカートにのってフルートが美しくも憂いを帯びた旋律を静かに奏でます。

まずは冒頭の部分をダイジェストで聴いてみましょう。

サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモ ...

バッハ

バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」の解説

「主よ、人の望みの喜びよ」はドイツの作曲家、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750)が作曲した教会カンタータ『心と口と行いと生活で』(独:Herz und Mund und Tat u ...

ヴェルディ

作曲の背景

「乾杯の歌」はイタリアの作曲家、ジュゼッペ・ヴェルディ(1813-1901)が1853年に作曲した歌劇「椿姫」の第一幕で歌われる劇中歌です。

「椿姫」の原題「La traviata」(ラ・トラヴィアータ)は直訳す ...