ヘンデル

ヘンデル「私を泣かせてください」解説

「私を泣かせてください」(伊:Lascia ch’io pianga)はイギリスで活躍した作曲家、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1685-1759)が1711年に作曲したオペラ『リナ ...

サティ

サティ「ジュ・トゥ・ヴー」解説

「ジュ・トゥ・ヴー」(仏:Je te veux)はフランスの作曲家、エリック・サティ(1866-1925)が作曲したシャンソンです。

サティはパリ音楽院を中途退学した後、パリのモンマルトルにあ ...

ドヴォルザーク

作曲の背景

「スターバト・マーテル作品58」はチェコの作曲家、アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904)が1877年に書き上げたソプラノ、アルト、テノール、バス、混声合唱と管弦楽のための作品です。

1873年、初恋の相 ...

フォーレ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

弦楽器のピチカートにのってフルートが美しくも憂いを帯びた旋律を静かに奏でます。

まずは冒頭の部分をダイジェストで聴いてみましょう。

サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモ ...

バッハ

バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」の解説

「主よ、人の望みの喜びよ」はドイツの作曲家、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750)が作曲した教会カンタータ『心と口と行いと生活で』(独:Herz und Mund und Tat u ...

ヴェルディ

作曲の背景

「乾杯の歌」はイタリアの作曲家、ジュゼッペ・ヴェルディ(1813-1901)が1853年に作曲した歌劇「椿姫」の第一幕で歌われる劇中歌です。

「椿姫」の原題「La traviata」(ラ・トラヴィアータ)は直訳す ...

フォーレ

フォーレ「夢のあとに」解説

「夢のあとに」はフランスの作曲家、ガブリエル・フォーレ(1845-1924)が1878年に作曲した歌曲「3つの歌作品7」の第1曲です。

歌詞はイタリアのトスカーナ地方に古くから伝わる詩を、フランス ...

シューベルト

シューベルト「セレナーデ」の解説

「シューベルトのセレナーデ」として有名なこの作品はオーストリアの作曲家、フランツ・シューベルト(1797-1828)が作曲した歌曲集「白鳥の歌」D 957の第4曲にあたります。

歌曲集「白鳥 ...

シューベルト

シューベルト「アヴェ・マリア」の解説

「シューベルトのアヴェ・マリア」として知られる「エレンの歌 第3番 作品52-6 D.839」はオーストリアの作曲家、フランツ・シューベルト(1797-1828)が1825年に作曲した歌曲です。

オルフ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

運命的なティンパニの一撃に続き合唱を伴ったオーケストラがドラマティックな開幕を告げます。

曲名はご存じない方もテレビ番組などの様々なシーンでも使われるので、聴いたことのある方も多いのではな ...

ヨハン・シュトラウス2世

まずはダイジェストで聴いてみよう!

心が浮き立つような軽快なワルツのリズムにのって、ソプラノが伸びやかに春の喜びを歌います。

まずは冒頭の部分をダイジェストで聴いてみましょう。

ソプラノ:プリティ・イェンデ

ヘンデル

ヘンデル「オンブラ・マイ・フ」解説

「オンブラ・マイ・フ」はドイツ出身のイギリスで活躍した作曲家、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1685-1759)が作曲したオペラ「セルセ」の第1幕で歌われるアリアです。

古代ペルシアの ...

モーツァルト

モーツァルト「アヴェ・ヴェルム・コルプス」解説

アヴェ・ヴェルム・コルプス ニ長調 K.618はオーストリアの作曲家、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)がその最晩年の1791年に作曲した合唱曲です。

ベートーヴェン

まずはダイジェストで聴いてみよう!

「歓喜の歌」として親しまれる終楽章の主題はとても荘厳かつ壮大で宗教的な雰囲気さえ漂います。

まずは終楽章からこの「歓喜の歌」をダイジェストで聴いてみましょう!

サイモン・ラトル ...

バーバー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

深い悲しみを湛えたかのような弦楽器の旋律が静かに高揚していきます。

その静かなうねりが頂点に達する部分はまさに慟哭と言う言葉が相応しいような気がします。

まずはクライマックスの ...

ラフマニノフ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

夢の中を彷徨うような憂いを湛えた歌声が神秘的に響きます。

冒頭部分をちょっとだけ聴いてみましょうか!

ソプラノ:サビーヌ・ドゥヴィエル

ラフマニノフ「ヴォカリーズ」解説