ララ「グラナダ」【歌詞と解説、名盤】

ララ「グラナダ」解説

「グラナダ」はメキシコの作曲家、アグスティン・ララ(1897-1970)が1932年、35歳の時に作曲した歌曲です。

ジャンルとしてはクラシックとは言えませんが、テノールやソプラノのレパートリーとしてよく取り上げられる作品です。

三大テノールとして有名なスペイン出身のホセ・カレーラス(1946-)、プラシド・ドミンゴ(1941-)らが積極的に取り上げたことでも有名です。

タイトルの「グラナダ」とはスペイン南部の都市の名前ですが、この街はかつてイベリア半島に存在した最後のイスラム王朝「グラナダ王国」の首都でもあります。

また「グラナダ」とはスペイン語でザクロの意味で、グラナダの街のシンボルとなっています。

この街はその当時に建築された「アルハンブラ宮殿」があることでも有名です。

グラナダにあるアルハンブラ宮殿

ララの生まれたメキシココンキスタドール(Conquistador)と呼ばれるスペインの征服者が現れて以来、300年に及ぶスペインの支配を受けますが、19世紀に入りようやく独立を勝ち取ります。

メキシコの人たちにとってスペインは征服者=侵略者であり、またそのルーツでもある愛憎の念が入り混じった存在なのかも知れませんね。

そんなスペイン文化の影響が強く残ったメキシコで生まれ育ったララですが、一度もグラナダを訪れることなくこの作品を作曲したそうです。

歌詞と和訳は次にご紹介しますが、夢に憧れる土地グラナダを曲想にぴったりな情熱的に描いた歌詞になっています。

時に擬人化して表現される「グラナダ」は、愛する女性に熱く語り掛ける歌の様にも感じます。

ララ「グラナダ」歌詞と和訳

世界各国で歌われるこの作品は英語、イタリア語など様々な言語で歌われますが、ここではオリジナルのスペイン語の歌詞と和訳をご紹介します。

Granada tierra soñada por mí,
(夢に見る土地、グラナダよ)
mi cantar se vuelve gitano

cuando es para ti.

(君のために歌う時、私の歌はジプシーの歌になる)

Mi cantar, hecho de fantasía,
(私の歌は、幻想の歌)
mi cantar, flor de melancolía,
que yo te vengo a dar.

(メランコリーの花のようなこの歌を、君に捧げよう)

Granada, tierra ensangrentada
en tardes de toros,

(闘牛の昼下がりには血に染まる土地、グラナダよ)
mujer que conserva el embrujo
de los ojos moros.

(ムーア人の瞳の魔法を秘め、守る女よ)

Te sueño rebelde y gitana,
cubierta de flores

(夢に描く君は花に覆われたジプシー)
y beso tu boca de grana,
jugosa manzana
que me habla de amores.

(口づけをする君の赤い唇は、私に愛を語る甘いリンゴ)

Granada, manola cantada
en coplas preciosas,

(数々の詩歌に歌われた乙女、グラナダよ)
no tengo otra cosa que darte
que un ramo de rosas.

(君に捧げるものは、バラの花束より他にありはしない)

De rosas, de suave fragancia
que le dieran marco a la virgen morena.

(それは褐色のマリアを飾るための香り柔らかなバラ)

Granada, tu tierra está llena
de lindas mujeres,
de sangre y de sol.

(グラナダよ、君と言う土地は美しい女たちと血と、そして太陽に満ちている)

ララ「グラナダ」youtube動画

ララ:グラナダ

テノール:ジョゼフ・カレヤ
アントニオ・パッパーノ指揮:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

Be My Love-a Tribute to Mario Lanza】
テノール:ジョゼフ・カレヤ

スティーヴン・メルクリオ指揮
BBCコンサート・オーケストラ

収録曲
ララ:グラナダ
ビゼー:「カルメン」より「花の歌」
マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」より「母さん、あの酒は強いね」
ジョルダーノ:「フェドラ」より「愛さずにはいられないこの想い」
レオンカヴァッロ:「道化師」より「衣装をつけろ」
プッチーニ:「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」

※こちらのアルバムは「Amazon Music Unlimited」でもお楽しみいただけます!

ララ「グラナダ」名盤

管理人おすすめの名盤はこちら!

【Sol y Vida】

収録曲
ララ:グラナダ
デ・クルティス:帰れソレントへ
デ・クルティス:忘れな草
ピアソラ:私はマリア
他全17曲

エリーナ・ガランチャ(メゾ・ソプラノ)
カレル・マーク・チチョン指揮
グラン・カナリア・フィルハーモニー管弦楽団

録音時期:2018年

※こちらのアルバムは「Amazon Music Unlimited」でもお楽しみいただけます!

ご紹介するのは管理人イチオシのメゾ・ソプラノ、エリーナ・ガランチャのアルバム【Sol y Vida】

スペイン、イタリア、ラテン・アメリカとエリーナ・ガランチャが南国をテーマに、クラシック・レパートリーではない曲を集めて収録したアルバムです。

アレンジはこのアルバムでも指揮を務めている彼女の夫、カレル・マーク・チチョンです。

三大テノールによって歌唱され、テノールのイメージの強い本作品ですが、ガランチャの美しい歌声で聴くのもまた格別です。

まずはyoutubeで試聴してみて下さい!

アルバム【Sol y Vida】より

メゾ・ソプラノエリーナ・ガランチャ

まとめ

アグスティン・ララ作曲の「グラナダ」いかがでしたでしょうか?

クラシック作品ではありませんが、オペラのガラ・コンサートなどではアンコールピースとしてもよく取り上げられる作品です。

三大テノールの映像作品にも収録されています。

南米の作曲家らしく情熱的な雰囲気で肩の力を抜いて楽しめる作品ですので、ぜひ聴いてみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。こちらの作品もぜひ聴いてみてください!

コープランドが描いたのはメキシコ・シティにある有名なダンスホールの光景!

リムスキー=コルサコフが紡ぎ出す情熱的なスペインの詩情!

お役に立ちましたらクリックをお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


音楽(クラシック)ランキング

関連記事