パガニーニ

作曲の背景

「24の奇想曲(カプリース)」作品1はイタリアの作曲家、ニコロ・パガニーニ(1782-1840)が作曲した無伴奏ヴァイオリンのための作品です。

奇想曲(仏:caprice、伊:capriccio)は特定の形式に縛 ...

ドヴォルザーク

ドヴォルザーク「ユーモレスク」の解説

ユーモレスクはチェコの作曲家、アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904)が作曲したピアノのための作品です。

「ドヴォルザークのユーモレスク」として広く親しまれている作品ですが、本来 ...

クライスラー

「美しきロスマリン」の解説

美しきロスマリン(独:Schön Rosmarin)はオーストリア出身の作曲家でヴァイオリニストのフリッツ・クライスラー(1875-1962)が作曲したヴァイオリンとピアノのための作品です。

7歳 ...

サン=サーンス

まずはダイジェストで聴いてみよう!

独奏ヴァイオリンが奏でるエキゾチックな魅力に満ちたロンド主題はこの後も雰囲気の異なる曲想を挟みながら何度も繰り返されることになります。

まずはダイジェストで聴いてみましょう。

...

クライスラー

クライスラー「愛の喜び」解説

愛の喜び(独:Liebesfreud)はオーストリア出身の作曲家でヴァイオリニストのフリッツ・クライスラー(1875-1962)が作曲したヴァイオリンとピアノのための作品です。

7歳で特例でウィ ...

ピアソラ

ブエノスアイレスの夏

独奏ヴァイオリンが奏でる印象的な重音のポルタメント(2つの音の間を滑るように移行する奏法)に、ブエノスアイレスの夏の気怠い空気を感じるような気がします。

まずは4曲の中からブエノスアイレスの夏を聴いてみ ...

エルガー

エルガー「愛の挨拶」解説

愛の挨拶 作品12(原題:Salut d’amour)はイギリスの作曲家、エドワード・エルガー(1857-1934)が1888年に作曲した楽曲です。

1886年、29歳のエルガーはある女 ...

フォーレ

フォーレ「夢のあとに」解説

「夢のあとに」はフランスの作曲家、ガブリエル・フォーレ(1845-1924)が1878年に作曲した歌曲「3つの歌作品7」の第1曲です。

歌詞はイタリアのトスカーナ地方に古くから伝わる詩を、フランス ...

マスネ

「タイスの瞑想曲」解説

タイスの瞑想曲はフランスの作曲家、ジュール・マスネ(1842-1912)が作曲した歌劇「タイス」の第2幕、第1場と第2場の間で演奏される間奏曲です。

フランスの詩人、小説家のアナトール・フランス(18 ...

バッハ

作曲の背景

「ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調BWV1049」はドイツの作曲家、ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)が作曲した協奏曲です。

タイトルの「ブランデンブルク」はこの曲がブランデンブルク=シュヴェ ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

心を深く落ち着かせるようなバスの進行の上を清らかで美しい弦の調べが流れていきます。

その清浄さはこの世のものと思えず、目を閉じて祈りを捧げたくなるような気持ちになります。

まず ...

ヴィヴァルディ

ヴィヴァルディ「調和の霊感」より《4つのヴァイオリンとチェロのための協奏曲》解説

「調和の霊感」はアントニオ・ヴィヴァルディの最初の出版物として1711年に刊行された12曲からなる協奏曲集です。

ヴァイオリン独奏の他にヴァイ ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

バッハの作品には宗教的な意味合いを含んだ作品でないにも関わらず、思わず祈りを捧げたくなるような不思議な魅力があります。

この作品もまさしくそんな作品のひとつです。まずはダイジェストで聴いて ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

チェンバロが奏でる典雅な響きのカデンツァはこの作品を象徴する華やかで印象的な部分です。

カデンツァは独奏楽器がオーケストラの伴奏を伴わずに自由に即興的な演奏をする部分ですが、この作品ではバ ...