リスト「愛の夢」第3番【解説と名盤、無料楽譜】

2021年1月11日

リスト「愛の夢」第3番の解説

「愛の夢(Liebesträume)」第3番 変イ長調S.541-3はハンガリー出身のピアニストで作曲家のフランツ・リスト(1811-1886)が作曲した独奏ピアノのための作品です。

元々は歌曲として作曲した3つの作品を1850年、リストが39歳の時にピアノ用に編曲したもので「3つの夜想曲」と言う副題が付いています。

今回ご紹介する第3番は特に有名で1845年、34歳の時に作曲された歌曲「O lieb so lang du lieben kannst(おお、愛しうる限り愛せ)S.298」が元になっています。

恋多き作曲家であったリストはこの前年の1844年に、10年もの間を一緒に過ごしたマリー・ダグー伯爵夫人(1805-1876)と別れています。

彼女との間には3人の子供をもうけ、その一人が後に高名な指揮者ハンス・フォン・ビューロー、そしてリヒャルト・ワーグナーの妻となるコジマです。

そんな大きな別れを経験した翌年にこんな情熱的な歌詞に曲を付けているあたりが、いかにも恋多き作曲家らしいようにも感じます。

歌詞はドイツの詩人、フェルディナント・フライリヒラート(1810-1876)の詩から取られています。

歌詞の日本語訳の一部をご紹介しておきます。

愛しうるかぎり愛せよ
愛したいとおもうかぎり愛せよ
墓場にたたずみ なげきかなしむ
ときがくる ときがくる

なんびとか 愛のまごころを
あたたかくおまえのためにそそぐとき
おまえは 胸に愛をいだいてあたため
ひたぶるにその炎をもやすがいい

引用:フライリヒラート詩集(井上正蔵訳)

まずはこの元になった歌曲を聴いてみましょう!

リスト ”O lieb so lang du lieben kannst” (おお、愛しうる限り愛せ)S.298

テノール:Cyrille Dubois ピアノ:Tristan Raës

この作品を作曲した2年後の1847年、今度は演奏旅行先のキエフで出会ったカロリーネ・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン侯爵夫人と恋に落ちます。

彼女との出会いはリストに生活、創作活動の両面において大きな影響を与えたようです。

そんなリストカロリーネとの出会いから3年後の1850年、39歳の時に先ほどの歌曲をピアノ用に編曲したものが「愛の夢」第3番です。

楽譜の冒頭にはフライリヒラートの詩がエピグラフ(題辞)として記されています。(譜例)

譜例:「愛の夢」第3番冒頭部分

「ピアノの魔術師」の異名を持つリストの作品には超絶技巧を要する作品をイメージされる方も多いかもしれませんが、とても親しみやすいメロディとロマンティックで甘美な雰囲気に包まれた素敵な小品で、今日ではリストの作品の中でも最も有名な作品の一つとなりました。

短い作品ですので肩の力を抜いて気軽にお楽しみください。

余談ですがリストはその後カロリーネと正式に結婚するべく奔走し、カロリーネの前夫との離婚も成立しますが、結婚直前になって周囲の反対にあい、結局正式に婚姻することはありませんでした。

「いつかは死が二人を分かつのだから、愛しうる限り愛せ」と言ったニュアンスのフライリヒラートの詩と、リストの愛の遍歴が実にしっくり来ると感じる管理人でした。

リスト「愛の夢」第3番のyoutube動画

リスト「愛の夢」第3番 変イ長調 S.541-3

ピアノ:オルガ・シェプス

次は管理人イチ押しのピアニスト、1987年生まれ、ジョージア(グルジア)出身のカティア・ブニアティシヴィリの演奏です。

残念ながらこちらの動画はダイジェストですが、シューマンのピアノ協奏曲の記事の中の動画でアンコールとしてこの作品を弾いていますので、そちらもぜひ聴いてみてください。

ピアノ:カティア・ブニアティシヴィリ

リスト「愛の夢」第3番の名盤

管理人おすすめの名盤はこちら!

「リスト・アルバム」
ピアノ:カティア・ブニアティシヴィリ

【収録曲】
●『愛の夢』第3番変イ長調 S.541-3
● ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178
● メフィスト・ワルツ第1番『村の居酒屋での踊り』 S.514
● 悲しみのゴンドラ(第2稿) S.200/2
● 前奏曲とフーガ イ短調 BWV.543(J.S.バッハ/リスト編 S.462/1)

録音:2010年10月

管理人のおすすめは動画でもご紹介したカティア・ブニアティシヴィリのアルバムです。

個人的には情熱的で大胆な演奏イメージの強いブニアティシヴィリですが、このアルバムの「愛の夢第3番」ではとても静かにささやくかのようなアプローチを見せています。

程よく抑制された美しく繊細な音が、この作品の持つロマンティシズムをより際立たせているような気がします。

他にも「メフィスト・ワルツ」「前奏曲とフーガ」など作品によってブニアティシヴィリの違う魅力を楽しめる1枚になっています。

特に「前奏曲とフーガ」は聴いた瞬間に魅入られてしまいました!おすすめです!

★今回ご紹介した録音は「Amazon Music Unlimited」でもお楽しみいただけます!

★「Amazon Music Unlimited」なら他にも次のようなピアニストの「愛の夢第3番」を聴き放題で楽しむことが出来ます。

「ラン・ラン」「ダニエル・バレンボイム」「エフゲニー・キーシン」「ジャン=イヴ・ティボーデ」「イェネ・ヤンドー」「フジ子・ヘミング」「ホルヘ・ボレット」「ジェローム・ローズ」他

※上記の検索結果は本記事の投稿日現在、「Amazon Music Unlimited」「リスト 愛の夢」のキーワードで検索した例です。

★あなたも「Amazon Music Unlimited」でいろんなピアニストの「愛の夢第3番」を聴き比べてみませんか?まずは無料体験から!

リスト「愛の夢」第3番の無料楽譜

リスト「愛の夢」(IMSLP)

リンク先から無料楽譜をダウンロード出来ます。ご利用方法がわからない方は下記の記事を参考にしてください。

まとめ

リスト作曲の「愛の夢」第3番、いかがでしたでしょうか?

予備知識無く聴いても、とても美しくロマンティシズムに溢れる作品ですが、解説で触れたような作曲者リストの恋愛の遍歴や、元となった歌曲の歌詞を理解すると、さらにその抒情性やロマンティシズムに共感できるのではないでしょうか。

その恋や愛は30代のリストが経験した大人の恋愛ですが、私にはとても純粋でストレートな子供のような恋愛感情のようにも感じます。

管理人の勝手な想像ですが、リストは恋に落ちると周りも何も見えなくなる、そんな人だったのではないでしょうか?

この美しくロマン溢れるリストの作品を聴きながら、あたなだけの美しい思い出に浸るのも良いかも知れませんね。

最後までお読みいただきありがとうございます。こちらの作品もぜひ聴いてみてください!

ヴァイオリンの名手、パガニーニの書いた旋律を元にしたリストの代表作!

祖国ハンガリーを想いながら書いたリストの名作!

お役に立ちましたらクリックをお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


音楽(クラシック)ランキング

関連記事