ショパン

作曲の背景

ワルツ第1番「華麗なる大円舞曲」変ホ長調 作品18(Grande valse brillante)はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が1833年に作曲したピアノのためのワルツです。

シューマン

作曲の背景

幻想曲 ハ長調 作品17はドイツの作曲家、ロベルト・シューマン(1810-1856)が1838年に書き上げたピアノのための作品です。

幻想曲(独:Fantasie, Phantasie)とは自由な形式で書かれた器 ...

ショパン

ショパン「ノクターン第20番」解説

ノクターン(夜想曲)第20番 嬰ハ短調はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が1830年に作曲したピアノ曲です。

この年20歳を迎えるショパンはこの前年にウィー ...

ラヴェル

作曲の背景

組曲「鏡」(仏:Miroirs)はフランスの作曲家、モーリス・ラヴェル(1875-1937)が1905年に作曲した5曲から成るピアノのための組曲です。

前回の記事ではこの中から第4曲「道化師の朝の歌」をご紹介しま ...

ラヴェル

作曲の背景

「道化師の朝の歌」(Alborada del gracioso)はフランスの作曲家、モーリス・ラヴェル(1875-1937)が1905年に作曲した5曲から成るピアノのための組曲「鏡」の第4曲です。

この1905年 ...

ショパン

作曲の背景

「24の前奏曲 作品28」はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が1839年に完成させたピアノのための作品です。

前回の記事ではこの中から最も有名な「第15番 変ニ長調《雨だれ》」をご ...

ショパン

作曲の背景

「雨だれの前奏曲」のタイトルで親しまれている「24の前奏曲 作品28 第15番 変ニ長調」はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が1839年に完成させた独奏ピアノのための「24の前奏曲 作品28」 ...

ショパン

ショパン「ノクターン第2番」解説

ノクターン(夜想曲)第2番変ホ長調作品9-2はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が1831年に作曲したピアノ曲です。

ピアノ独奏曲としてのノクターン(夜想曲)は ...

ラヴェル

まずはダイジェストで聴いてみよう!

徐々に大きくなるワルツのリズムの乗ってオーケストラが豪華絢爛な音絵巻を描きます。

まずはクライマックスの部分をダイジェストで聴いてみましょう。

サイモン・ラトル指揮 ベルリン・ ...

ドビュッシー

ゴリウォーグのケークウォーク

軽快なシンコペーションのリズムの乗ってピアノが愉快な旋律を奏でます。

まずは最も有名な第6曲「ゴリウォーグのケークウォーク」を聴いてみましょう。

ピアノ:チョ・ソンジン

作曲の ...

リスト

まずはダイジェストで聴いてみよう!

カデンツァに続く付点のリズムが印象的な重々しい旋律は「スペインのフォリア」と題された舞曲のテーマです。

まずはダイジェストで聴いてみましょう。

ピアノ:フィリップ・ショイヒャー ...

サティ

サティ「ジュ・トゥ・ヴー」解説

「ジュ・トゥ・ヴー」(仏:Je te veux)はフランスの作曲家、エリック・サティ(1866-1925)が作曲したシャンソンです。

サティはパリ音楽院を中途退学した後、パリのモンマルトルにあ ...

ショパン

ショパン「革命のエチュード」解説

「革命のエチュード」「ショパンの革命」として知られる「練習曲作品10-12ハ短調」はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が1831年頃に作曲したピアノ曲です。

作 ...

ショパン

ショパン「小犬のワルツ」の解説

「小犬のワルツ」のタイトルで知られるワルツ第6番 変ニ長調 作品64-1はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が作曲したピアノのための作品です。

1836年、祖国ポ ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

静謐で厳かな雰囲気を湛えたピアノの調べが繊細な装飾をまといながら美しく響きます。

まずはこの長大な作品の冒頭に配されたアリアをダイジェストで聴いてみましょう。

ピアノ:ベアトリ ...

ショパン

ショパン「幻想即興曲」の解説

幻想即興曲のタイトルで有名な即興曲 第4番 嬰ハ短調 作品66はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が作曲したピアノのための作品です。

ショパンは生涯に4曲の即興曲を ...