ドビュッシー

作曲の背景

2つのアラベスク(Deux Arabesques)はフランスの作曲家、クロード・ドビュッシー(1862-1918)が1888年、26歳の時に作曲したピアノのための作品です。

1884年、フランスの作曲家の登竜門と ...

ショパン

作曲の背景

「幻想即興曲(Fantaisie-Impromptu)」のタイトルで有名な即興曲第4番 嬰ハ短調 作品66はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が作曲したピアノのための作品です。

ショ ...

ムソルグスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!!

厳かに響く鐘の音、弦楽器のざわめきが徐々に大きくなると冒頭のプロムナードの主題が奏でられます。

この主題はさらに拡大され、再び鐘の音が大きく響き渡る中、壮大なクライマックスを迎えます。

ラヴェル

作曲の背景

亡き王女のためのパヴァーヌ(仏:Pavane pour une infante défunte)はフランスの作曲家、モーリス・ラヴェル(1875-1937)が作曲したピアノ曲、及び管弦楽曲です。

パヴァーヌとは1 ...

ベートーヴェン

まずはダイジェストで聴いてみよう!

力強い不協和音の連打に続いて次々と紡ぎ出される16分音符の旋律は、まったくとどまる所を知らず、まるで全てを押し流してしまう奔流のようです。

まずは第3楽章冒頭部分をダイジェストで聴いてみま ...

モーツァルト

まずはダイジェストで聴いてみよう!

伝統的なトルコの軍楽隊の打楽器を模した左手の伴奏に乗って、とても有名な生き生きとした旋律が奏でられます。

まずは「トルコ行進曲」として有名な第3楽章をダイジェストで聴いてみましょう。

ショパン

作曲の背景

ワルツ第1番「華麗なる大円舞曲」変ホ長調 作品18(Grande valse brillante)はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が1833年に作曲したピアノのためのワルツです。

シューマン

作曲の背景

幻想曲 ハ長調 作品17はドイツの作曲家、ロベルト・シューマン(1810-1856)が1838年に書き上げたピアノのための作品です。

幻想曲(独:Fantasie, Phantasie)とは自由な形式で書かれた器 ...

ショパン

ショパン「ノクターン第20番」解説

ノクターン(夜想曲)第20番 嬰ハ短調はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が1830年に作曲したピアノ曲です。

この年20歳を迎えるショパンはこの前年にウィー ...

ラヴェル

作曲の背景

組曲「鏡」(仏:Miroirs)はフランスの作曲家、モーリス・ラヴェル(1875-1937)が1905年に作曲した5曲から成るピアノのための組曲です。

前回の記事ではこの中から第4曲「道化師の朝の歌」をご紹介しま ...

ラヴェル

作曲の背景

「道化師の朝の歌」(Alborada del gracioso)はフランスの作曲家、モーリス・ラヴェル(1875-1937)が1905年に作曲した5曲から成るピアノのための組曲「鏡」の第4曲です。

この1905年 ...

ショパン

作曲の背景

「24の前奏曲 作品28」はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が1839年に完成させたピアノのための作品です。

前回の記事ではこの中から最も有名な「第15番 変ニ長調《雨だれ》」をご ...

ショパン

作曲の背景

「雨だれの前奏曲」のタイトルで親しまれている「24の前奏曲 作品28 第15番 変ニ長調」はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が1839年に完成させた独奏ピアノのための「24の前奏曲 作品28」 ...

ショパン

ショパン「ノクターン第2番」解説

ノクターン(夜想曲)第2番変ホ長調作品9-2はポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン(1810-1849)が1831年に作曲したピアノ曲です。

ピアノ独奏曲としてのノクターン(夜想曲)は ...

ラヴェル

まずはダイジェストで聴いてみよう!

徐々に大きくなるワルツのリズムの乗ってオーケストラが豪華絢爛な音絵巻を描きます。

まずはクライマックスの部分をダイジェストで聴いてみましょう。

サイモン・ラトル指揮 ベルリン・ ...

ドビュッシー

ゴリウォーグのケークウォーク

軽快なシンコペーションのリズムの乗ってピアノが愉快な旋律を奏でます。

まずは最も有名な第6曲「ゴリウォーグのケークウォーク」を聴いてみましょう。

ピアノ:チョ・ソンジン

作曲の ...