チャイコフスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

ファゴットが刻むリズムの乗って木管楽器が軽快な旋律を奏でます。

4羽の白鳥が軽やかに舞う第2幕「4羽の白鳥たちの踊り」をダイジェストで聴いてみましょう。

ヴェロ・パーン指揮 パ ...

チャイコフスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

弦楽器が奏でる美しく甘美な旋律はチャイコフスキーならではの魅力とドラマティックな雰囲気に包まれています。

まずは第2楽章をダイジェストで聴いてみましょう。

クラウディオ・アバド ...

チャイコフスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

独奏ヴァイオリンが引きずるように主題を奏でるとオーケストラが加わりテンポを速めて熱気を帯びていきます。

まずは第3楽章をダイジェストで聴いてみましょう!

ヤニック・ネゼ=セガン ...

チャイコフスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

「嘆き」「慟哭」と言った印象の強い悲嘆に暮れた旋律が徐々に高まり、やがて激しく高揚します。

まずは第4楽章をダイジェストで聴いてみましょう!

マンフレート・ホーネック指揮 ピッ ...

チャイコフスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

胸が熱くなるような劇的で重厚な序奏、冒頭部分へ繰り返すためのブリッジとなる音階を上がっていく様もドラマティックそのものです。

序奏が終わると流麗な旋律の裏で絶えず細かい動きをする弦楽器の対 ...

チャイコフスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

ホルンが奏でる穏やかで優しいメロディにしなやかにクラリネットが応えます。

弦楽器が優雅にワルツを奏でると木管楽器が小鳥のさえずりのように合いの手を入れます。

まずは組曲の終曲「 ...

チャイコフスキー

チャイコフスキー「序曲《1812年》」解説

序曲「1812年」はロシアの作曲家、チャイコフスキーが1880年に作曲した演奏会用序曲。

西暦1812年はナポレオンがロシア遠征をした年です。

曲は楽譜出版社からの依頼 ...

チャイコフスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

弦楽器が奏でる甘く美しい旋律は燃え上がるロメオとジュリエットの愛の調べです。

甘くもせつない旋律が高揚し昇り詰めると2人の恋の悲劇の原因である両家の激しい抗争を描く抗争のテーマが演奏されま ...

チャイコフスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

オーケストラがフィナーレの開幕を爆発的に告げると弦楽器がエネルギッシュに旋律をかき鳴らします。

まずは第4楽章の冒頭部分をダイジェストで聴いてみましょう。

ヘルベルト・フォン・ ...

チャイコフスキー

作曲の背景

スラヴ行進曲変ロ長調作品31はロシアの作曲家、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(1840-1893)が1876年に作曲した演奏会用行進曲です。

この年36歳を迎えるチャイコフスキーは前年の1875年にピアノ ...

チャイコフスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

ホルンが奏でる雄大な序奏に続きピアノの力強い和音が響き渡り、弦楽器がロマン溢れる美しい調べを奏でます。

クラシックファンならずとも誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。