ドビュッシー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

木管楽器が奏でる押しては返す波のような旋律はやがて大きなうねりとなりクライマックスへと導いていきます。

まずは第3楽章「風と海の対話」の最後の部分をダイジェストで聴いてみましょう。 ...

レスピーギ

作曲の背景

「ローマの祭り」(伊:Feste Romane)はイタリアの作曲家、オットリーノ・レスピーギ(1879-1936)が1928年に書き上げた交響詩です。

1916年に「ローマの噴水」を、1924年に「ローマの松」を ...

レスピーギ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

誇らしげに奏でられるホルンの音は海神トリトンが吹き鳴らすほら貝の音、それに応えるように奏でられる木管楽器と弦楽器の音は光にきらめく水しぶきです。

まずは第2曲「朝のトリトンの噴水」をダイジ ...

スメタナ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

弦楽器が紡ぎだす有名な旋律は悠然と流れるモルダウ川を描写しています。

まずは第2曲「モルダウ(ヴルタヴァ)」をダイジェストで聴いてみましょう。

クシシュトフ・ウルバンスキ指揮  ...

ムソルグスキー

まずはダイジェストで!

弦楽器が奏でる激しくざわつくような調べ、打ち鳴らされるティンパニにおどろおどろしく音階を駆け上がるオーケストラ。

荒々しく凶暴さを感じさせる響きが印象的な冒頭部分をダイジェストで聴いてみましょう!

リヒャルト・シュトラウス

まずはダイジェストで聴いてみよう!

軽やかに飛び跳ねるようなホルンのソロは物語の主人公ティルの主題。

この主題が次々と展開され高揚してクライマックスを迎えると一転して小太鼓のロールに続き金管楽器が重々しく不気味な和音を響かせ ...

リヒャルト・シュトラウス

まずはダイジェストで聴いてみよう!

輝かしくそして激しく駆け上がる旋律、壮大で堂々とした弦楽器とホルンのメロディ。

一度聴いたら耳に残る中毒性を秘めています。

まずはダイジェストで聴いてみましょう。

...

シベリウス

作曲の背景

「フィンランディア」作品26はフィンランドの作曲家、ジャン・シベリウス(1865-1957)が1899年に作曲した交響詩です。

当時のフィンランド大公国は遡れば1809年にスウェーデンからロシア帝国に割譲されるこ ...

レスピーギ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

金管楽器が奏でる勇壮な響きが悠久の時をさかのぼり、古代ローマ軍の進軍を髣髴(ほうふつ)とさせます。

まずは第4曲「アッピア街道の松」をダイジェストで聴いてみましょう。

ケント・ ...