バッハ

バッハ「パッサカリアとフーガ」解説

パッサカリアとフーガハ短調BWV582はドイツの作曲家、ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)が作曲したオルガンのための作品です。

作曲時期については諸説ありはっきりとわかっ ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

静謐で厳かな雰囲気を湛えたピアノの調べが繊細な装飾をまといながら美しく響きます。

まずはこの長大な作品の冒頭に配されたアリアをダイジェストで聴いてみましょう。

ピアノ:ベアトリ ...

バッハ

バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」の解説

「主よ、人の望みの喜びよ」はドイツの作曲家、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750)が作曲した教会カンタータ『心と口と行いと生活で』(独:Herz und Mund und Tat u ...

バッハ

バッハ(シロティ編)「前奏曲第10番ロ短調」解説

今回はいつもとは少し違いバッハの曲を編曲した作品をご紹介したいと思います。

私がまだ高校生の頃に近くのレンタルレコード店でレコードだったかCDだったか記憶が定かではないのです ...

バッハ

バッハ「トッカータとフーガ」解説

トッカータとフーガニ短調BWV565はドイツの作曲家、ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)が作曲したオルガンのための作品です。

「トッカータ」は速い楽句や細かな音形の変化など ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

チェンバロが奏でる典雅な響きのカデンツァはこの作品を象徴する華やかで印象的な部分です。

カデンツァは独奏楽器がオーケストラの伴奏を伴わずに自由に即興的な演奏をする部分ですが、この作品ではバ ...

サン=サーンス

終楽章をダイジェストで!

ホールに響き渡る荘厳なパイプオルガンの響き、4手のピアノが奏でる水面のきらめきのような繊細な音の上で弦楽器が美しい調べを紡ぎます。今度は一転して金管楽器の力強いファンファーレから次の展開へ。まずはこの曲のクライ ...