ラヴェル

作曲の背景

組曲「鏡」(仏:Miroirs)はフランスの作曲家、モーリス・ラヴェル(1875-1937)が1905年に作曲した5曲から成るピアノのための組曲です。

前回の記事ではこの中から第4曲「道化師の朝の歌」をご紹介しま ...

ラヴェル

作曲の背景

「道化師の朝の歌」(Alborada del gracioso)はフランスの作曲家、モーリス・ラヴェル(1875-1937)が1905年に作曲した5曲から成るピアノのための組曲「鏡」の第4曲です。

この1905年 ...

ラヴェル

まずはダイジェストで聴いてみよう!

徐々に大きくなるワルツのリズムの乗ってオーケストラが豪華絢爛な音絵巻を描きます。

まずはクライマックスの部分をダイジェストで聴いてみましょう。

サイモン・ラトル指揮 ベルリン・ ...

ラヴェル

まずはダイジェストで聴いてみよう!

オーケストラが色彩豊かに描写するのは祭りの喧騒、カスタネットの刻むリズムに乗って明るく陽気な音楽が展開されます。

金管楽器が華やかに響き渡ると熱狂的な祭りは終わりを告げます。

...

ラヴェル

まずはダイジェストで聴いてみよう!

朝もやに包まれたかのような幻想的な夜明けの情景をオーケストラが壮大に描きます。

スコア(総譜)は大変精緻で、まるで幾何学模様のようです。

まずは「ダフニスとクロエ」第2組曲から ...

ラヴェル

まずはダイジェストで聴いてみよう!

ラヴェルの紡ぎ出す弦楽器の調べは言葉では言い表せないほど美しく情感豊かです。

ハープの調べに導かれるヴァイオリンのソロもとても繊細な美しさに満ち溢れています。

このわずか3分足 ...

ラヴェル

「亡き王女のためのパヴァーヌ」の解説

亡き王女のためのパヴァーヌ(Pavane pour une infante défunte)はフランスの作曲家、モーリス・ラヴェル(1875-1937)が作曲したピアノ曲、管弦楽曲です。

ラヴェル

まずはダイジェストで聴いてみよう!

反復されながら高揚していくリズムと異国情緒溢れる旋律、エンディングの部分では高まったエネルギーが爆発するかのように終曲します。

まずはクライマックスの部分をダイジェストで聴いてみましょう。 ...