バッハ

バッハ「目覚めよと呼ぶ声あり」解説

カンタータ第140番「目覚めよと呼ぶ声あり」BWV140はドイツの作曲家、ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)が1731年に作曲したカンタータです。

カンタータは器楽伴奏の ...

バッハ

バッハ「パッサカリアとフーガ」解説

パッサカリアとフーガハ短調BWV582はドイツの作曲家、ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)が作曲したオルガンのための作品です。

作曲時期については諸説ありはっきりとわかっ ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

弦楽器の奏でる雅な調べは生き生きとして、喜びに満ち溢れているようです。

まずは第1楽章をダイジェストで聴いてみましょう。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、チェンバロ

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

静謐で厳かな雰囲気を湛えたピアノの調べが繊細な装飾をまといながら美しく響きます。

まずはこの長大な作品の冒頭に配されたアリアをダイジェストで聴いてみましょう。

ピアノ:ベアトリ ...

バッハ

バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」の解説

「主よ、人の望みの喜びよ」はドイツの作曲家、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750)が作曲した教会カンタータ『心と口と行いと生活で』(独:Herz und Mund und Tat u ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

分散和音で奏されるチェロの豊かな響きが心に残る冒頭部分は大変有名で、曲名は知らずとも多くの方が聞き覚えのある旋律だと思います。

まずは第1曲「プレリュード(前奏曲)」をダイジェストで聴いて ...

バッハ

バッハ(シロティ編)「前奏曲第10番ロ短調」解説

今回はいつもとは少し違いバッハの曲を編曲した作品をご紹介したいと思います。

私がまだ高校生の頃に近くのレンタルレコード店でレコードだったかCDだったか記憶が定かではないのです ...

バッハ

作曲の背景

「ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調BWV1049」はドイツの作曲家、ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)が作曲した協奏曲です。

タイトルの「ブランデンブルク」はこの曲がブランデンブルク=シュヴェ ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

心を深く落ち着かせるようなバスの進行の上を清らかで美しい弦の調べが流れていきます。

その清浄さはこの世のものと思えず、目を閉じて祈りを捧げたくなるような気持ちになります。

まず ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

快活に飛び跳ねるような独奏フルートが印象的な終曲は「冗談」と言う語源を持つ「バディネリ」。

20世紀で最も有名な指揮者と言っても過言ではないカラヤンがこの動画ではチェンバロを弾きながら指揮 ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

バッハの作品には宗教的な意味合いを含んだ作品でないにも関わらず、思わず祈りを捧げたくなるような不思議な魅力があります。

この作品もまさしくそんな作品のひとつです。まずはダイジェストで聴いて ...

バッハ

バッハ「トッカータとフーガ」解説

トッカータとフーガニ短調BWV565はドイツの作曲家、ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)が作曲したオルガンのための作品です。

「トッカータ」は速い楽句や細かな音形の変化など ...

バッハ

まずはダイジェストで聴いてみよう!

チェンバロが奏でる典雅な響きのカデンツァはこの作品を象徴する華やかで印象的な部分です。

カデンツァは独奏楽器がオーケストラの伴奏を伴わずに自由に即興的な演奏をする部分ですが、この作品ではバ ...