モーツァルト

モーツァルト「ディヴェルティメントK.136」解説

ディヴェルティメントは日本語では『嬉遊曲』あるいは『喜遊曲』と訳され、本来は貴族の晩餐や社交の場などで演奏された軽妙で楽しい雰囲気の曲です。

モーツァルトは数多くのディヴェ ...

チャイコフスキー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

胸が熱くなるような劇的で重厚な序奏、冒頭部分へ繰り返すためのブリッジとなる音階を上がっていく様もドラマティックそのものです。

序奏が終わると流麗な旋律の裏で絶えず細かい動きをする弦楽器の対 ...

シベリウス

シベリウス「アンダンテ・フェスティーヴォ」解説

アンダンテ・フェスティーヴォ(Andante Festivo)はフィンランドの作曲家、ジャン・シベリウス(1865-1957)が作曲した弦楽合奏のための作品です。

元は1922 ...

バーバー

まずはダイジェストで聴いてみよう!

深い悲しみを湛えたかのような弦楽器の旋律が静かに高揚していきます。

その静かなうねりが頂点に達する部分はまさに慟哭と言う言葉が相応しいような気がします。

まずはクライマックスの ...

モーツァルト

まずはダイジェストで聴いてみよう!

分散和音で演奏されるいきいきとした冒頭のテーマはモーツァルトの作品に限らず、クラシック音楽の全作品の中でも最も有名なもののひとつではないでしょうか?

まずはその第1楽章の冒頭部分をダイジェ ...