リヒャルト・シュトラウス

作曲の背景

祝典前奏曲 ハ長調 作品61(独:Festliches Präludium)はドイツの作曲家、リヒャルト・シュトラウス(1864-1949)が1913年に書き上げた管弦楽曲です。

19世紀末、数々の交響詩を作曲し ...

リヒャルト・シュトラウス

作曲の背景

ドイツの作曲家、リヒャルト・シュトラウスは生涯に2曲のホルン協奏曲を書いていますが、今回ご紹介するのは1883年、まだ18歳の時に書き上げたホルン協奏曲第1番です。

リヒャルト・シュトラウスの父、フランツ・シュト ...

リヒャルト・シュトラウス

まずはダイジェストで聴いてみよう!

軽やかに飛び跳ねるようなホルンのソロは物語の主人公ティルの主題。

この主題が次々と展開され高揚してクライマックスを迎えると一転して小太鼓のロールに続き金管楽器が重々しく不気味な和音を響かせ ...

リヒャルト・シュトラウス

まずはダイジェストで聴いてみよう!

輝かしくそして激しく駆け上がる旋律、壮大で堂々とした弦楽器とホルンのメロディ。

一度聴いたら耳に残る中毒性を秘めています。

まずはダイジェストで聴いてみましょう。

...

リヒャルト・シュトラウス

まずはダイジェストで聴いてみよう!

少年期に経験したアルプス登山の印象が元になったリヒャルト・シュトラウスのアルプス交響曲。夜明けから日の出、森や林、小川に沿った風景、草原や牧場に氷河と言った壮大なアルプスの様々な姿が描かれますが、クラ ...