ドヴォルザーク

まずはダイジェストで聴いてみよう!

いかにもドヴォルザークらしい舞曲風の旋律に続き、独奏ヴァイオリンが自在に五線譜の上を駆け巡ります。

その調べは躍動感にあふれ、とても生き生きとしています。

まずは第3楽章をダイ ...

ドヴォルザーク

作曲の背景

「スターバト・マーテル作品58」はチェコの作曲家、アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904)が1877年に書き上げたソプラノ、アルト、テノール、バス、混声合唱と管弦楽のための作品です。

1873年、初恋の相 ...

ドヴォルザーク

作曲の背景

スラヴ舞曲集はチェコの作曲家、アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904)が作曲した舞曲集です。

元はピアノ連弾のために書かれた曲ですが、ドヴォルザーク自身によって全曲、管弦楽曲に編曲されています。

ドヴォルザーク

ドヴォルザーク「ユーモレスク」の解説

ユーモレスクはチェコの作曲家、アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904)が作曲したピアノのための作品です。

「ドヴォルザークのユーモレスク」として広く親しまれている作品ですが、本来 ...

ドヴォルザーク

まずはダイジェストで聴いてみよう!

オーケストラがエネルギッシュで溌溂とした旋律を奏でるとフルートが五線譜の上を縦横無尽に駆け巡ります。

鮮やかにフルートのソロを演奏しているのはエマニュエル・パユ氏。2番フルートにはカラヤン ...

ドヴォルザーク

まずはダイジェストで聴いてみよう!

オーケストラが奏でるボヘミアの民族舞曲風の旋律が高揚すると独奏チェロが雄弁に語り出します。

その響きは豊かで力強く、そして時に切なくいろんな表情をみせてくれます。

まずは第3楽 ...

ドヴォルザーク

まずはダイジェストで聴いてみよう!

イングリッシュホルンが奏でる郷愁を誘う調べは、クラシックファンならずとも誰もが一度は耳にしたことがあるはずです。

この有名な旋律は日本でも歌詞が付けられ「家路」などのタイトルで、子供のころ ...