おすすめのクラシック 定番の交響曲3選

2019年6月7日

はじめてのクラシック、はじめての交響曲・・・聴いてはみたいものの何から聴けば良いのやら?

少し敷居が高い雰囲気の「交響曲」・・・そんな方のために定番の名曲を3曲選んでみました!

この記事では3分程度のダイジェスト動画を掲載しています。

興味を持たれた作品があれば詳細記事へのリンクを貼っていますので、そちらで全曲版を楽しんでみてください。

ちょっと長く感じる方はお気に入りの楽章だけ聴くのも良いと思いますよ!

ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」

誰もが音楽の授業で一度は耳にしたことのある冒頭の旋律・・・でも後の部分は聴いたことがないと言う方も意外と多いのでは?

ベートーヴェンの遺した9つの交響曲の中でも特に有名な作品で、後世の作曲家たちにも大きな影響を与えました。

ぜひ有名な第1楽章以外も聴いてみてください!

クラウディオ・アバド指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」の詳細記事はこちら

ブラームス 交響曲第1番

「ベートーヴェンという巨人が背後から行進して来るのを聞くと、とても交響曲を書く気にはならない」

ベートーヴェンを尊敬してやまなかったブラームスがこの交響曲第1番を書き上げたのは着想から20年以上たった43歳の時でした。

そこまでして書き上げたこの交響曲第1番は高い評価を受けベートーヴェンの10番目の交響曲とまで言われるようになりました。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ブラームス 交響曲第1番の詳細記事はこちら

ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」

ブラームスをして「ドヴォルザークの家のゴミ箱を漁れば交響曲の1曲は出来るだろう。」と言わしめたドヴォルザーク。

第2楽章の有名な旋律は「家路」などのタイトルで子供のころに習った方も多いのではないでしょうか。

クラウディオ・アバド指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」の詳細記事はこちら

お役に立ちましたらクリックをお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


音楽(クラシック)ランキング